PR

ゴルフの手首の返し方|意識して返すのは✕、自然に返るもの

ゴルフ
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ゴルフスイングの「 手首の返し方 」って、どうすればいいの?

そんな悩みを抱えているゴルファーは多いようです。

しかし、ゴルフスイングは自然の流れ

つまり、手首は意識して返すのではなく、「返ってしまうもの」なのです。

この記事を読めば、あなたも手首が返る原理がわかり、自然な手首の返し方が身に付くはずです。

おすすめ55
おすすめ55

この記事は個人的な見解も含まれていることを予め了承の上で参考にしてください。

スポンサーリンク

「手首の返し」が起こる原理

インパクトの瞬間、手首は伸びる

プロゴルファーのスイングを見てみると、構えた時の手首の角度が、インパクトの瞬間では手首が伸びて角度がないことがわかります。

腕、手、シャフトが一直線に重なっていますね。

インパクトの瞬間では手首が伸び切る
インパクトの瞬間では手首が伸びる

では、どのようにして手首を伸ばすのでしょうか。

手首を伸ばす動きと「手首の返し」

手首を伸ばすためには、親指方向にコックした手首を小指方向へ戻す、、、それだけです。

バックスイングで、親指方向にコックします。

手首の返し方 親指方向にコック

次に、コックを解きながら小指方向へ手首を戻すことで手首が伸びていきます。

この動き、これ以上は小指方向へ戻せない限界がありますよね。

手首の返し方 小指方向へ手首を戻す

しかし、手に持ったクラブは慣性の力を受けて飛球方向へ動き続けますから、

クラブに引っ張られて、今度は手首が反時計回りに回転し始めます。

手首の返し方 手首が反時計回りに回転

この時、手首と一緒に前腕も反時計回りに回転(ねじり)します。

この反時計回りの回転が「手首の返し」と呼ばれる動きです。

手首の返し方 前腕も反時計回りに回転

つまり、手首を伸ばしながら「手首を返す」のです。

ところで、上の1~4の内、インパクトの瞬間がどれかわかりますか?

答えは3番、手首が返りながらインパクトを迎えるのです。

スポンサーリンク

無意識に手首は返るもの

手首を返そうと意識的に動かすイメージは「0」です。

これ以上小指方向へ動かない手首が、クラブに引っ張られて止む無く回転するという自然の流れなのです。

この一連の動きは、スムーズなワンピースの動きであり、同時に一瞬の動きでもあります。

一瞬で手首が返るから飛距離が得られ、

そして、自然の流れだからこそ方向が安定するのです。

スポンサーリンク

「手首の返し」を身に付ける練習方法

まず、スイングの振り幅を8時から4時ぐらいにして、手首の返しを練習します。

はじめは、ボールを打たず、自然に手首が返る動きを身に付けます。

この時、手首を甲側へ折ったり、掌側へ折ったりするのはNGです。

手首を折ってもいいのは、親指方向と小指方向だけです。

次に、振り幅は同じままでボールを打ってみましょう。

弾きの良い打感と共に、想像以上に飛ぶことが実感できるはずです。

ゴルフスイングは自然の流れ

ゴルフスイングは自然の流れ

タイガーウッズの美しいスイングも、意識して形を作っているわけではありません。

遠くへ飛ばすために自然の流れでできた、理にかなったスイングなのです。

「手首の返し方って、どうすればいいの」と悩んでいる間は、正しいスイングをしているとは言えません。

スイングが正しければ、手首は自然に返るものなのです。

ゴルフの手首の返し方のまとめ

以上、ゴルフの手首の返し方について紹介しました。

手首は意識して返すのではなく、「返ってしまうもの」なのです。

この動きが出来ている人は、ゴルファーの1割にも満たないと思われます。

マスターすれば、ゴルフがもっと簡単に感じるはずです。

ぜひ、試してみてください

おすすめ55
おすすめ55

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
この記事を閉じる前に、参考になった方は1クリックをお願いします。

あなたの1クリックがモチベーションになります。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました