PR

ディープオーシャンⅡ|紅海にある深海の魔境「塩水溜まり」とは?

情報ほか
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
はて子
はて子

紅海にある深海の「塩水溜まり」って、何?

そんな方におすすめの記事です。

スポンサーリンク

紅海(こうかい)とは?

紅海は、アフリカ東北部と、アラビア半島に挟まれたです。 

新生代第三紀の地殻運動の際に生じた大断層によって生じた水域

紅海と書きますが、海水は赤くありません。

海水の蒸発や滞留、流入河川がないため塩分濃度が3.6〜3.8%と世界で一番高いのが特徴です。

ダイビングツアー

透明度は非常に高く、ダイビングツアーも盛んです。

エジプトのアレクサンドリアでは、紅海へ沈んだ古代文明を訪れる考古学ダイビングも楽しめます。

ピラミッドなどの古代のエジプト遺跡群の探訪も合わせて観光できるため、ヨーロピアンに人気の高いリゾート地です。

紅海のリゾート地
紅海のダイビングツアー
スポンサーリンク

紅海にある深海の魔境「塩水溜まり」とは?

紅海の深海底には、世界でも稀な「塩水溜まり」が数多く発見されています。

この「塩水溜まり」は、塩分濃度が非常に高く、酸素もありません

そのため、生物を死に導くデッドプールとも呼ばれています。

塩分で密度が高いため、潜水艇も何らかの工夫をしないと中へ入れないのです。

しかし、そんな過酷な環境下にも関わらず、極限微生物が数多く存在したり、迷い込んで気絶した生物を捕食する魚や海老が付近に潜んでいるという興味深い生態系も見られます。

深海の魚

生命の起源は酸素のない太古の海と考えられていますから、条件の近い「塩水溜まり」の生態系の解明が有識者の間でも注目されているのです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、紅海にある深海の魔境「塩水溜まり」について紹介しました。

深海の探査機

2023年7月23日にNHKスペシャルでも紹介される紅海の深海。

今後も深海の謎の解明には注目してゆきたいと思います。

おすすめ55
おすすめ55

最後まで読んでいただきありがとうございます。

こちらもNHKスペシャルで紹介されました。

情報ほかTV番組
スポンサーリンク
おすすめ55をフォローする
タイトルとURLをコピーしました