紅白歌合戦の観覧の倍率は?募集はいつから?2024

音楽
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

紅白歌合戦の観覧の倍率はどのくらい?観覧はいつから募集するの?

はて子
はて子

観覧の倍率、観覧応募について

まとめてみました。

スポンサーリンク

紅白歌合戦の観覧の倍率

2023年12月31日に開催された「第74回NHK紅白歌合戦」の応募総数は、

なんと!164,229件

その内、当選したのは、1,259件でした。

NHKによると、コンピューターのシステムによる公平(無作為)な抽選で決めるそうです。

計算してみると、1259÷164229=0.0076、

つまり、倍率は0.76%

1%にも満たない狭き門なのです。

ところで、NHKホールの収容人数は約3800人です。

入場整理券1枚で最大2人まで観覧できるので当選分1,259件で約2,500席、

つまり、1,300席分がまだ残っているわけです。

ゲスト審査員やNHKスタッフ、記者用だと思われますが、それでも1,300席ってかなり多いですよね。

スポンサーリンク

観覧応募に当選する方法

1%にも満たない確率なので、なかなか当選できないのですが、

少しでも当選確率を上げる方法をお伝えします。

まず、NHKの受信料をしっかり払うことです。

別のNHK番組の観覧募集で受信料を未納していたにもかかわらず当選したことがありますが、

その後、頻繁に受信料請求の封筒が届くようになりました。

恐らく、申し込み時の住所から受信料の支払い状況をチェックしていると思われます。

次に、応募数をとにかく増やすことです。

1人に付き応募は1件と決まっていますから、

祖父母、両親、子供、、、と親族を全部使って、とにかく沢山応募することです。

ただし、それぞれ別々の電話番号メールアドレスが必要になります。

当日の入場チェックは、入場整理券(ハガキ)はしっかり確認されますが、

入場者数が多いため本人確認まではされないことが多いようです。

スポンサーリンク

紅白歌合戦の観覧募集はいつから?

2023年の紅白歌合戦の観覧募集期間は、2023年10月5日~10月19日の15日間でした。

NHKの公開番組の観覧募集は、通常2か月前から実施されることが多いようです。

毎年、NHKホームページのイベント・インフォメーションサイトに発表されますので、

10月に入ったら忘れないようにチェックしましょう

ところで、抽選結果は12月1日にメール配信され、当選者には12月11日に入場整理券が郵送されました。

スポンサーリンク

紅白歌合戦の観覧情報

紅白歌合戦の会場は、東京都渋谷区のNHKホールです。

現在、NHK本社は新しい建物の建て替え工事真っ最中ですが、NHKホールはこのまま残るようです。

入場無料ですが、座席は選べません。

郵送される入場整理券に座席の番号が書かれています。

開場は午後6時、開演は午後6時50分、終演は午後11時45分です。

公開生放送で、放送予定は午後7時20分から11時45分まで、

例年、途中20時55分から21時まで中断し、5分間のニュースが放送されます。

スポンサーリンク

紅白歌合戦の観覧の倍率、募集のまとめ

以上、紅白歌合戦の観覧の倍率、募集でした。

2023年の紅白歌合戦は既に観覧募集は終了していますが、

2024年は是非、観覧に応募して公開生放送を楽しんでみてください。

はて子
はて子

1%未満のレアな抽選なので、当選すればかなり運が良いと言えますね。

音楽TV番組
スポンサーリンク
おすすめ55をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ55.com
タイトルとURLをコピーしました