※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
※アフィリエイト広告を利用しています

キース・へリング展|いつ?チケットの買い方?割引は?

探訪
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストリートアートの先駆者とも呼べる画家 キース・へリングの明るく、ポップなアートは、今も世界中の人々から愛されています。

そして、キース・へリング展 アートをストリートへが、森アーツセンターギャラリーで開催されます。

キース・へリング展ではチケットが必要です。

はて子
はて子

チケットの種類や料金は?

割引クーポンってあるの?

どうやって買えばいいの?

おすすめ55
おすすめ55

チケットについて、いろいろ調べてみました。

スポンサーリンク

キース・へリング展 の開催期間やアクセス

>>クリックでチケット情報へジャンプ

キース・へリング展について、まとめてみました。

  • 1980年代のニューヨークの地下鉄構内やストリートなど、日常に拡散されたアート
  • 6mの大型作品をはじめ150点のアートが体感できる
  • 作品が発光したり、闇に浮かび上がったり、劇的な展示室は一部を除き撮影も可能
  • アートによって訴え続けた社会へのメッセージ
  • 今後、神戸、福岡、名古屋、静岡、水戸で巡回する予定

さらに、もっと詳しく知りたい方は以下をクリック!

開催情報
開催期間2023年12月9日()~2月25日(
※会期中無休
開催時間10:00~19:00
金・土は20:00まで
会場森アーツセンターギャラリー
(六本木森タワー52階)
アクセス【電車】
東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩3分(コンコースにて直結)
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩6分
都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」7出口 徒歩9分
東京メトロ南北線「麻布十番駅」4出口 徒歩12分
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5出口 徒歩10分
【駐車場】
駐車台数:P1/259台、P2/259台
営業時間:P1/7時~21時、P2/24時間営業
駐車料金:全日30分300円、最大料金は入庫後24時間3000円
スポンサーリンク

キース・へリング展 のチケットの買い方

入場には、チケットが必要です。

キース・へリング展 のチケット

チケットの種類と料金について、調べてみました。

開催前なら、1名分の料金で2名まで入場できるお得な特別先行ペア割引「キース・へリング×ペアリングチケット」が購入できますよ。

チケット情報
チケットの種類入館料
一般、大学生、専門学校生2,200円(税込)
中高生1,700円(税込)
小学生700円(税込)
11月10日23:59までの限定発売
特別先行ペア割引「キース・へリング×ペアリングチケット」
※2名まで入場可能
※対象期間は、12月9日(土)~12月31日(日)
※ただし、各時間上限に達し次第販売終了
2,200円(税込)
※別途手数料あり

キース・へリング展 のチケットの買い方

チケットの買い方

  • 事前予約制(日時指定券)を導入
  • 未就学児は無料
  • 障がい者手帳の提示で、手帳保持者は1名まで当日料金の半額、介助者1名まで無料
  • 購入後の変更・払戻・再発行は不可
  • 混雑状況により引換え、入館までの待ち時間が発生する場合あり
  • 混雑状況によっては入館できない場合あり

購入は、以下の4サイトから

※特別先行ペア割引は、フジテレビダイレクト、チケットぴあ のみ

当日券の買い方

  • 特に情報なし(上記4サイトから購入可能と思われます)
スポンサーリンク

キース・へリング展 のお得な割引クーポンはあるの?

次に、キース・へリング展のチケットに割引があるか調べてみました。

森ビルグループ施設優待サービス

森ビルのオフィスビルに勤めている方限定のWORKERS BOARDのサービスです。

優待割引料金で入場できます。

※ただし、キース・へリング展が対象かどうかは現地に問い合わせが必要です。

その他の割引クーポン

いろいろ調べてみましたが、今のところ割引クーポンはないようです

スポンサーリンク

キース・へリング展 チケットのまとめ

以上、キース・へリング展 のチケット当日券や前売り券の買い方について紹介しました。

まとめると、チケットは様々な種類があり、フジテレビダイレクト、チケットぴあ、森アーツセンターギャラリー、ローソンチケットから購入できます。

一方で、割引クーポンは、森ビルグループ施設優待サービス以外に今のところないようです。

当日は、キース・へリング展を存分に楽しんでくださいね!

>>2023年11月19日まで、北斗の拳 40周年 原画展開催、チケットはこちら!

探訪
スポンサーリンク
おすすめ55をフォローする
おすすめ55.com
タイトルとURLをコピーしました