PR

初心者向け!プラグインによるページスピードインサイト改善方法

暮らし
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

この記事では、初心者でも簡単にできるWordPressプラグインを使ったページスピードインサイト(PageSpeed Insights)の改善方法」を紹介します。

チュー太
チュー太

ページスピードインサイトの改善方法って、専門用語ばかりで、さっぱりわからないよ~

そんなお手上げ状態で、読み込み時間を長いまま放置すると、

読者が離脱しやすくなったり、Googleの評価が下がったりしてPVが減少します。

でも、安心してください!

WordPressのプラグインだけで90点前後まで改善することができるんです。

スポンサーリンク

ページスピードインサイトの改善方法

携帯電話のパフォーマンスが低い傾向

ページスピードインサイトとは、サイトのURLを入力するだけでデバイスの読み込み時間を100点満点で評価してくれるツール、

以下のボタンからアクセスできます。

携帯電話とデスクトップの2種類のデバイスの内、

携帯電話のパフォーマンスが低い人が圧倒的に多いようです。

なぜなら、ページスピードインサイトは海外で計測されるので4G通信を前提とした携帯電話のスコアは低くなりがちだからです。

最近は、デスクトップよりも携帯電話でウェブサイトを閲覧する人が多く、

Googleも携帯電話に適したサイトを推していますから、改善は必須です。

スコアの改善方法

ページスピードインサイトでは、パフォーマンスの問題を具体的に診断してくれます。

「診断」のところに箇条書きされた項目の右側の「∨」をクリックすると、

更に詳しい情報が得られます。

具体的な改善方法は、「診断」に書かれている「レンダリングを妨げるリソースの除外」などの文章をGoogle検索に入力し関連記事を調べるのですが、

操作方法は簡単ではない場合が多いようです。

パソコン初心者なら、専門用語や見たことのない画面が並んでいますので、さっぱりわからないことでしょう。

初心者でもできる改善方法

初心者には、プラグインを使った方法を強くおすすめします。

難しい操作はなくなり、Wordpressでプラグインをインストールし、有効化、設定するだけなので簡単です。

使用するプラグインはメジャーなものばかりですから、

多くの人がプラグインの設定方法を記事にしており操作に悩むこともないでしょう。

チュー太
チュー太

プラグインを減らした方が読み込み時間は短くなるんじゃないの?

確かに、不要なプラグインは削除した方が読み込み時間は短くなりますし、

「プラグインは多くても5つまで」と書いている記事も多く、どれも間違いではありません。

しかし、プラグインにも様々な種類があり、

読み込み時間を短くするプラグインについては使った方がページスピードインサイトのスコアが改善します。

プラグインの機能重複を避けることで数を減らしたり、

同じ機能を持つプラグインでも自分のサイトとの相性の良し悪しもありますから、

有効化する度にページスピードインサイトでスコアを出し、改善効果を確認することが重要です。

スポンサーリンク

Cocoonの高速化

WordPressの無料テーマ「Cocoon」は、無料であるにも関わらず読み込み時間を短くする機能が事前に備わっており、

ページスピードインサイトのスコアも上げやすいのではないでしょうか。

WordPress管理画面から、「Cocoon設定>高速化」メニューを選択すると、

  • ブラウザキャッシュの有効化
  • CSSの縮小化
  • JavaScriptの縮小化
  • Lazy Loadの有効化
  • Googleフォントの非同期読み込みの有効化
  • リソースの事前読み込み設定

の設定ができますから、これだけでもかなりの高速化に貢献します。

プラグインの「Autoptimize」や「Lazy Load」は機能同等のため、インストールは不要です。

スポンサーリンク

読み込み時間を短くするプラグイン

Cocoon設定の高速化以外に以下のプラグインをインストールすることをおすすめします。

JavaScriptを読み飛ばすプラグイン

  • Flying Scripts
  • LiteSpeed Cache

「Flying Scripts」は、JavaScriptを読み飛ばすプラグインです。

「Include Keywords」の記入方法は、以下のブログを参考にして下さい。

LiteSpeed Cacheについては、Cocoon開発者わいひらさんはWP Fastestをおすすめしていますが、私のサイトではLiteSpeed Cacheの方がスコアが高い結果となりました。

※「LiteSpeed Cache」は、Cocoon設定の高速化と重複しているのではないかと無効化したところ、スコアが若干上がりましたので、打ち消し線を付けています。

画像を最適化するプラグイン

次に画像を最適化するプラグイン、これは効果が高くおすすめのプラグインです。

  • Converter for Media
  • TinyPNG – JPEG, PNG & WebP image compression

「Converter for Media」は、標準フォーマットの代わりにWebPとAVIF 画像を提供するプラグインで、

従来のPINGやJPEGと同等の画像ですが、およそ30%のサイズ縮小が可能です。

「TinyPNG – JPEG, PNG & WebP image compression」は画像の圧縮プラグインです。

「EWWW Image Optimizer」も良く知られていますが、

「TinyPNG – JPEG, PNG & WebP image compression」の方が圧縮率は高いようです。

【参考】その他、使用しているプラグイン

おすすめ55
おすすめ55

【参考】

私が使用しているプラグインは、上記3つの他に、

  • Advanced Google reCAPTCHA(スパム対策)
  • Contact Form 7(お問い合わせ作成)
  • Flexible Table Block(表作成)
  • Regenerate Thumbnails(画像サムネイル再作成)
  • Yoast SEO(SEO対策)

全部で8つです。

プラグイン導入後のページスピードインサイトのスコア改善

Googleで検索上位をねらうなら、

最低でも50点以上、出来ることなら90点以上を目指したいところです。

私が所有する3サイトについて、プラグイン導入前(一部は導入済みですが、上記で再整理前)の携帯電話のパフォーマンスは、

  • Aサイト:58点
  • Bサイト:48点
  • Cサイト:34点

でした。

上記のプラグインで再整理し、不要なプラグインを削除した結果、

3サイトともスコアの改善がみられました。

Aサイト
Bサイト
Cサイト

まとめると、

  • Aサイト:58点 → 89点 ∴31点改善
  • Bサイト:48点 → 85点 ∴37点改善
  • Cサイト:34点 → 91点 ∴57点改善

3つのサイトとも、改善が見られましたので、どのサイトでも再現性はあると思われます。

初心者向け!プラグインによるページスピードインサイト改善方法のまとめ

以上、初心者向け!プラグインによるページスピードインサイト改善方法でした。

初心者のとって、ページスピードインサイトに書かれているパフォーマンスの問題を改善するのは難しいもの、、、

しかし、お手上げとなり、そのまま放置し続けてしまってはGoogleの検索上位はねらえません。

プラグインを使った方法であれば簡単ですし、

この記事で紹介したプラグインのみインストール、有効化すれば、私と同じような結果が出る方も多いのではないでしょうか。

おすすめ55
おすすめ55

サイトによって効果の差は生じると思われます。

上手くいかないようでしたら、プラグインの無効化や別のプラグインの導入なども検討して見て下さい。

暮らし
スポンサーリンク
おすすめ55をフォローする
タイトルとURLをコピーしました